FC2ブログ

記事一覧

2015.10.20 丹沢・表尾根縦走登山






10/20 神奈川県は丹沢の表尾根を縦走してきたお話し





8月のお盆期間中に今コースの山行を計画していたものの

天候に泣かされ敢え無く延期。



その後、仕事や諸々の諸事情によりタイミングが合わず

約3ヵ月ぶりの登山となってしまいました。



6月の丹沢・鍋割山登山、7月の丹沢・塔の岳登山、そして今回の表尾根縦走

“神奈川の屋根”と言われる丹沢山地表側の完全制覇を目論みます。
(大山は小学生の時に遠足で登っているので割愛させていただきますw)



102102.png

今回の登山口直近のバス停は「ヤビツ峠」。


小田急小田原線・秦野駅北口

平日始発のヤビツ峠行バスはAM 8:18発です。

日曜・祝日は7時台のバスも出ています。




AM 7:57
秦野駅北口バス乗り場に到着しましたが、すでに列が出来ています。


002_2015112620031412a.jpg


この日は、幼稚園児たちの遠足も重なったようで尚更混雑していました。




そして10分後には、通勤客の迷惑そうな視線をよそに

列はグングン伸びて


003_201511262003245f8.jpg


さすがは丹沢屈指の人気コース行きのバス停。


この人数では1台のバスに乗車するのは無理なのでは?

と、思いましたが・・・


ここもさすがは観光慣れした神奈川

神奈中バスの乗務員さんがしっかり列の人数を数えていて

臨時便の手配をしてくれます。


結局、ヤビツ峠行きの本便が来る前に臨時便がバス停後方で待機していました。

ですので、本便・臨時便でも時間のロスは無いようでした。


AM 8:57
004_20151126200336a93.jpg

ヤビツ峠バス停に到着



目の前の県道を右へ1.6kmほど下って登山口を目指します。



振り返ると大山方面。


005_20151126200345b83.jpg


チビッ子たちは大山登山かな。







001_20151126200241922.jpg



では、いざしゅぱーつ




AM 9:22
006_201511262003532bc.jpg

寺山富士見公衆トイレ前

お山への入り口が見えてきて、気分も高揚します。



007_20151126200400e70.jpg


今回の縦走最終ピーク地となる塔の岳をめざしてレッツらゴー!





008_201511262009435f3.jpg


樹林帯を抜け、ふと振り返ると大山さんが。

チビッ子達も登ってるのかなぁ?








009_20151126201054d4b.jpg


ふっかふかの落ち葉街道をスタコラタッタカター







程なくして三ノ塔山頂に到達


010.jpg

この頃から霧が出始め、辺りは一面幻想的な雰囲気に。









012.jpg

眼下に見える稜線を進んで、写真中央に写る烏尾山山頂を目指します。









先ほど見降ろしていた稜線まできました。

013.jpg

稜線歩き、き~もちーな~








014.jpg

わっさー って油絵みたいな木々達










015.jpg


モッコモコと秋の色



016.jpg








次のピーク、行者岳山頂は稜線の途中でさくっと攻略してしまい

なんだか拍子抜け。


下った分の登り返しもそこそこありますが

ゆるゆるポクポクな稜線歩きは身体じゅうにエネルギーが充填される感じで

とっても楽しい。





そして、ゆるゆるな道だけではないのが、ここ丹沢の面白いところ。



ちょいとアドベンチャーな登山道が用意されていて

お山に遊んでもらってるような気がします。 (さてさて、お次はこんな道はどうかな?←お山さんの声





017.jpg

上から鎖を伝って降りてきました。エンヤーコーラヤとアトラクショ~ン!


超楽しい







目の前にはまだまだ楽しげな道が・・・

「さてさて今度は痩せ尾根の空中トレックだよ~ん」 (←お山さんの声



018.jpg

わくわくドキドキで楽しませてもらってます!






空中トレック、立ち止まって振り返ると


019.jpg

両脇はカール、その先には今歩いてきた山の全景が。




020.jpg

縦走は、通過してきた山の全貌が見渡せるところも非常に魅力です。






新大日山頂を通過時には、お昼休憩の皆さまが。




時計を見るとPM 12:25

このまま目的地の塔の岳まで登頂してお昼にするか?

その手前で良さげな場所があれば、そこでお昼でもいいなぁ・・・


と、思っていたら


塔の岳山頂直下、残り30分くらいのところにある木ノ又小屋まえにて

とってもくつろげそうなベンチとテーブルをはっけ~ん。

しかも貸切。フフフ




こちらを間借りしてお昼にします。




021.jpg

今回の相棒は、トランギアのストームクッカー。

嵐の調理器 笑







022.jpg

そしてトランギア純正のガスバーナーASSY

風の影響を全く受けないので、細かな火加減調節ができて使いやすさ◎

明らかにいつも使っているプリムスよりも火力が強いので湯沸かしもスムーズです。




さて、本日のお昼は・・・





023.jpg

北陸新幹線開業に沸く、石川県は金沢のソウルフード

カレーのチャンピオン、、、略して「チャンカレ!」 笑








024.jpg

クツクツ

おいしくな~れ。。。 (レトルトだけども









025.jpg

ヒャッハ~

ガツガツむしゃむしゃ

準備に20分

食べるの2分 笑



あ~、美味しかったー



山で食べるとなんでも美味しいけど、今回のチャンカレは格別でした。

ごちそうさまでした。





少しの休憩を挟んで、最後のピークである塔の岳へとアタックします。

急な登り返しが眼前に待ち構えていますが、もうすぐそこに山荘が見えているので

塔の岳さんから、早くおいでおいでと言われているかのよう。。。



PM 1:22
029.jpg
縦走の終点、塔の岳山頂に到達しましたー


ずーっと霧と雲たちがわっしょいわっしょいしていた道中でしたが

塔の岳山頂到着時には、雲が切れ陽射しも回復。


雲間から富士山もこちらを見ているかのよう。



「やぁやぁ、よく来たね。今回の山行はどうったかね?」


「幻想的な霧に包まれた稜線歩きが最高でした!今回もありがとうござますペコリ」



そんな会話をしたような気に。。。









さて、

「塔の岳さん、また来ますね」

「今度はスッキリ晴れた日にでもおいで・・・」






030.jpg

午前中を掛けて歩いてきた山々にお礼を言いながら下山開始です。





山からのご褒美?


031.jpg

とっても幻想的な景色を見せてもらいながらの帰り道 ポワワ







032.jpg











033.jpg

標高の高いところで幻想的な景色を見せてくれていた霧たちも

いつしか晴れ


杉の木立から西日が射し込んでキラッキラの憎い演出。


一度の登山で、色んな山の表情を見ることが出来て

すっかり堪能しちゃいました。。。






PM 4:05
034.jpg
今回の山行も無事終了です。オツカレサマデシター










035.jpg

お疲れビールを飲みながら装備の整理。プハッ~








おやおや、バス停には何やら珍百景な物体が・・・

037.jpg

ん?ん?









036.jpg

安心してください! 寝てるだけですよ! (舌出てますがなw



とっても長閑な光景に癒されちゃいましたー。。。ノホホーン







今回の丹沢表尾根縦走

すごく歩き甲斐のあるコースでしたが、

その分、山々が魅せてくれる様々な表情が印象的でした。

人間の力では到底及ばない山という大きな存在。

益々魅了されてしまいました。


ではまた、どこかのお山で!




102101.png

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント